読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問いストーリー

日常を読むように、書く。思いのままに、好きなだけ。

おかげさま

休学日記 僕のこと

自分が他人に何かをしてあげた。
という思いを強く抱いていた時期があった。

f:id:takumi_yamashita:20161201222149j:plain
[2016,11,30 北海道帯広市





友達の誕生日会では、「祝ってあげた」
シェアハウス生活で洗い物が溜まっていたら、「洗ってあげた」
何か自分の得にならないことを他人のタメに「やってあげた」
という感情は生きていたら誰もが一度は思うはずだ。





...傲慢だったなあ〜とつくづく思う。
「お前は何様だ!」と過去の自分に喝を入れたい。




どこかしらで、今回助けたから今度は助けてよね!と
相手への期待込み込みでの言動。
相手に期待して、見返りを求めて、しまう。
人間は悪気もなく忘れてしまう動物なんだと思いもせず。



そして、いざ自分が助けて欲しい時に思うようにならなかったら
「裏切られた」と嘆く。
「最低っ!」「もういい、今度は助けないからね」と。



(僕は大損するけど君のために)やってあげた、
って感情のせいで人と人との間に損得感情が生まれる。
そのせいで、人と人との関係性が弱まるのは少し寂しいな。



それだったら、
大損するかもしれないけど、それでも君を助けたいから助けるよ。
見返りは何もいらないからね。
「したいからするだけだからね」
人のために役立ってる自分を見るのがかっこいいから。
相手には期待せずに、自分に酔う。
裏切られた、と思うこともない。
そっちの方が幾分かいいのかもしれない。



でも本当は、



「この間は君のおかげで助かったからね」
「君のおかげで今の僕がいるからさ」と、




損得感情なんて棚に上げて、
おかげおかげ、で生かされ合う。
そんな未来が見たいかな。








俺が俺がの「が」をいうよりも
おかげおかげの「げ」で生きたい。明日も。





f:id:takumi_yamashita:20161111164018j:plain
[2016.11.11 宮城県角田市で泊めてくれた百さん]





Facebook:
https://www.facebook.com/takumi.yamashita.526
Twitter:
https://twitter.com/NY_0412
Mail:
taaaaakumi0412@gmail.com

広告を非表示にする