読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問いストーリー

日常を読むように、書く。思いのままに、好きなだけ。

6日目(松島-石巻-南三陸)

どうも、たくmeeです。
これは今年の投稿なんですが、
僕は2年前に自分の足で東北に来ることを決めました。
2年前に交わした自分との約束を果たす日がようやくきたようです。


https://www.instagram.com/p/BCy2vs4M8au/
就活しないこと、休学することを決意できたのも、旅をする理由も、全ては5年前のこの日に決まってたのかもしれない。今年は自分の足で東北へ。想いを東北に、祈りを天国に。pray for japan🙏🏻🙏🏻 #311 #remenber #prayfortohoku #prayforjapan
(*instagramよろしければフォローお願いします。)

被災にあった地域を見ようと
高速道路を移動していたものを、
(ヒッチハイク困難な)下道移動に切り替えたのです。

いざ石巻

日本一周をする場合、
東京から青森まで開通している国道4号線もあるのですが、
東北は宮城県仙台市から青森県青森市まで
沿岸部を国道45号線が通っています。
地震および津波はもちろん海沿いになればなるほど被害を大きく受けているため、
被災地を見て回りたい!という方は45号線をオススメします。

そんなこんなで立っていると、
f:id:takumi_yamashita:20161115230656j:plain
地元で働く小松さん。

日和山まで送ってくださいました。
f:id:takumi_yamashita:20161115230704j:plain
日和山津波が来た時の避難場所になっていて、
東日本大震災が起きた時も、
みんなそこに避難し津波が町を飲み込む様子を被災者の目に焼き付けた場所。
まさに命の山です。


震災前の写真が貼ってあり、現在の景観との違いが大きく変わっていることに気が付ける場所でした。石巻の町が飲み込まれていく様子を映す映像もほとんどは日和山で撮られているのだとか、。

そんなこんなでボーッとしながら休憩していると、
「宮崎から来たんですね!」と僕のぶら下げていたボードを見て声をかけてくれたのは
f:id:takumi_yamashita:20161116002619j:plain
気象予報士の関口さん(左)と風晴さん(右)。
関口さんはNHK東北のお天気キャスターで毎日テレビに出ていて、
風晴さんの下の名前は陽一郎。風、晴、陽、ってまさに気象予報士

大川小学校跡地へ

僕も行きたいな〜と思っていたんですけど、
そこそこ遠くてピンポイントで行く人はいないだろうと、
諦めていたところでした。
お二人が行く予定だったということでご一緒させてもらいました。
f:id:takumi_yamashita:20161115230829j:plain
f:id:takumi_yamashita:20161116002817j:plain
f:id:takumi_yamashita:20161116002826j:plain

大川小学校とは

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に伴う津波地震発生後およそ50分経った15時36分頃[3]、三陸海岸追波湾の湾奥にある新北上川(追波川)を遡上してきた。この結果、河口から約5kmの距離にある同校を襲い[4]、校庭にいた児童78名中74名と[5][6][7][8]、教職員13名中、校内にいた11名のうち10名が死亡した[9][10]。スクールバスの運転手も死亡している[11]。
学校の管理下にある子どもが犠牲になった事件事故としては戦後最悪の惨事となった[12]。
石巻市立大川小学校 - Wikipedia

当時の状況の説明を受けながら裏山を含めた校内を2時間ほど。
人は時に時間が解決する、時間が解決する、と言いますが
未だに裁判などが終わっておらず、
まだまだ残された課題が山積みの様子でした。
明日にも起こる可能性を秘めた自然災害、
防ぎようがないんだから防災じゃないんだと思う。
1番必要なのは減災。
自然ってもともと、そこに在るもんなんだよ。
自然は何も悪くない、人間が自然とうまく付き合える形を考えなきゃ。
時間だけには絶対に解決させてはいけない場所。

小さな命が僕たちに教えてくれたことを
しっかり感じなきゃな〜と思わせてくれる場所でした。

南三陸町

帰りは、関口さんと風晴さんのお二人が
わざわざ遠回りをして南三陸町まで送ってくれました。
パンと肉まんまで。。。
f:id:takumi_yamashita:20161115230658j:plain
お二人とはここでお別れ。


南三陸町も周りが拓けた道ばかりで、
何にもなかった。たまたま見つけて外れのコンビニで聞くと、
やはり波で全部流されてしまったらしい。

三陸から気仙沼に向けて少し歩いたところで寝ました。
もちろん、野宿でね。笑



それではまた。


Facebook:
https://www.facebook.com/takumi.yamashita.526
Twitter:
https://twitter.com/NY_0412
Mail:
taaaaakumi0412@gmail.com

広告を非表示にする